かわいい子どもと毎日一緒!保育士になるには

保育士が足りない!!つまり仕事が見つけやすい

毎日、かわいい子ども達と一緒に過ごすことができる保育士という仕事。保育士資格さえあれば保育士不足と言われている現代はいつでも、どこでも仕事を見つけることができやすくなっています。公的や社会福祉法人の保育施設以外にも企業が運営している保育施設も増えてきているので自分に合った職場を選ぶことができたり、求人数も多いため働きたい地域で仕事が見つけやすい傾向にあります。やはり、資格を持っていればこその特権になるのかもしれません。

保育士資格を取得するには?

保育士資格を取得する方法としては二種類あります。一つは国家試験を受験し、合格する方法と保育士の養成校で必要な単位を取得し卒業することです。この二つの選択で比較的簡単に取得できるのは断然養成校で卒業することです。二年間という中で講義や現場実習などをこなしていき単位を確実に取得していく必要がありますが、試験の点数だけを見られるわけではないのでボーダーが曖昧という点で比較的容易だと思います。しかし、費用面では二年間の学費がかかってきてしまうので決して安い金額ではないことは言えます。

保育士資格を取得するには??(続)

養成校に通うのが難しいという人は保育士試験に合格すれば資格を取得することができます。試験は一次、数科目の筆記試験があり、二次試験として実技試験があります。何かの楽器を使用しての動揺の弾き歌い(弾き語りとも言えるかもしれません)とお話シアター(エプロンシアターやパネルシアター、絵本などの物語を聞かせること)を試験管の前で披露しなければなりません。試験となると緊張するでしょうが、合格点に達するように配慮して実技をしなければなりません。

ここ数年の間の保育園の求人の給料の相場としては、十万円から二十万円程度に設定されていることが多くあります。