介護職とはどんな仕事なのでしょうーその3選

一般的な介護の仕事内容

介護の仕事とは、高齢者や障害者などが身体に不具合が生じて、日常生活を送ることが困難な状態の人を、毎日安心して安全に暮らせるように手助けをすることです。具体的には、身体が自由に動かない人に食事を食べさせることや、一人でトイレに歩いて行けないために付き添うこともあります。また、自宅から定期的に病院に通うために、車椅子などで移動に付き添うこともあります。また、利用者の自宅にうかがって家事を代行したりもします。

介護職は専門的な知識が必要です

介護職の仕事は、身体の不自由な人のお世話をするため、どちらかといえば身体を動かす体力勝負のところがあります。そのために、身体を動かすことが好きな人が向いているのです。ところが、利用者にとって不安を与えないように介護するというのは難しいのです。質が高い介護を行うには、医学、介護法などについて、幅広い知識や技術、経験が必要になります。学歴は必要ありませんが、一般的には短大卒や専門学校卒業のレベルの知識が求められます。

夜勤のシフト制をメリットに変える人

利用者には重度の要介護者の方もおります。重度の介護には24時間体制が必要になります。介護職の就職先にもよりますが、養護老人ホームなどの入所施設などでは、夜勤を含めたシフト制勤務があります。24時間のシフト制は、勤める勤務時間は不定期になるため慣れない人は、体調を崩す人も出てきます。ただし、これは工夫をすることで案外平気だという人もおり、夜勤経験の看護婦さんに聞くとコツを教えてくれます。慣れると、昼間の有効活用ができるのでメリットと考える人もいるのです。

介護に就職すると、食事の栄養の管理をしたり、ホームヘルパーの仕事をしたり、催し物の手伝いをすることになります。