赤やオレンジを加えた眉は、大人の顔をやさしくはっきりさせます

カラー眉で印象を変えてみる

眉はいつも決まった色で描くという人が多いのではないでしょうか。でも眉の色をちょっと変えてみるだけで、自分の顔に再発見があるのです。特に眉が薄かったり、眉尻がない人は、眉をいつもよりちょっと太く描いたり、カラーをプラスするだけで、目もと全体がはっきりした印象になります。たとえば赤やオレンジをプラスする。不自然では?と思うかもしれませんが、毛の密集した部分に少しだけ色を重ねるので、とてもかわいい雰囲気に作ります。

やさしい印象になる赤みをプラス

眉は額という広いパーツの中にあるので、ここに色を加え、少し太めに描くだけで、顔を小さく見せる効果もあるのです。上手に描くコツは、どちらかといえば赤み系を選ぶこと。日本人の肌は赤みをプラスすると甘さが増して、やさしい印象になります。でも、眉尻の方は赤を少なく、ブラウンの分量を多めに描きましょう。大人世代は目もとがゆるんでぼんやりした顔になりがちですが、アイメイクやアイラインを濃く描くより、顔をはっきりさせる効果もあります。

最初に一本のガイドラインを

赤系にベージュを混ぜた色で、眉の形に沿って、真ん中に一本ラインを描きます。その線をガイドラインにして、上のエッジ、もしくは下のエッジに色を足し、やや太くします。このとき眉尻が下がりすぎないように注意しましょう。ブラシにベージュを取り、眉尻方向から眉頭へとブラシを逆に動かし、眉頭の毛の中に色をいれこむようにします。眉頭はあまり赤くしすぎないように。茶系のアイライナーで、上まぶたの目の際に、黒目の上から目尻にかけて細くラインを描きます。目尻は多少、はみ出すくらいの長さにしましょう。

ヘアメイク派遣には「とにかく時間を節約したい」「手軽にヘアメイクしたい」「子供がいて外出が難しいなど」などの都合をとりにくい方にもとても便利に利用できます。