アルバイトいろいろあった!業務も業種もさまざま!

アルバイトって何を基準に選んだらいい?

アルバイトを探す上で、一番重要な項目は、時給にあると思います。平成27年10月より東京都の最低時給は907円と改定しました。この金額は各地方によりことなり、かなり格差があるとされています。鳥取県・高知県・島根県などは、平成27年10月改定の最低賃金が693円です。その差は214円ほどになります。こう考えると、アルバイトを選ぶ上で、時給が高いほど稼げるわけですから、時給がアルバイトを探す上で重要な項目になっていると思います。

時給がいいアルバイトとは?

では、いったいどのようなアルバイトが時給がいいのでしょうか?法律で決まっている、深夜アルバイトは日中の25%をアップしなければいけませんので、おのずと深夜アルバイトが断然有利になってきます。昼間より25%の深夜手当がつくアルバイトを探してガッポリ稼ぐというのが一番効率的かもしれませんが、深夜に働くリスクも忘れてはいけません。深夜に働くことで、生活のリズムが崩れ、いわゆる普通の人の生活リズムに戻るのが難しくなるのです。

やはり専門的なアルバイトがいい?

アルバイトには、専門知識や免許を要するアルバイトも多数あります。大型トラックの免許がないとトラックの運転手ができないように、免許がないとできないアルバイトも多々あります。免許がなくても、稼ぎがいいアルバイトの代表格にコールセンターのアルバイトがあります。これは専門的というか、なり手が少ないので需要と供給のバランスから時給があがっているパターンです。もちろん、電話対応の技術も必要です。こういった面では、コールセンターは免許を必要としない穴場の高給アルバイトと言えます。

ドコモの求人は、ドコモショップで働くことができます。携帯やスマホの機能や操作を覚えなければなりません。